Giardino イベント活動

パーティ

 

あの有名店でパーティをしませんか?
少人数から数百人まで様々な要望にお応えします!

 

店舗のご紹介

    <イタリアン>

  • ・西麻布リストランテアルポルト
  • ・渋谷Tharros
  • ・白金エノテカクリッカ
  •  
  •  

    <フレンチ>

  • ・ル・プティ・トノー(九段下・虎ノ門・麻布十番)
  • ・広尾ボン・サンテ
  •  
  •  
  •  

    <和食>

  • ・神楽坂 割烹加賀
  •  
  •  
  •  
  •  

その他多数

このページの先頭へ

豊富な協力者

片岡護
片岡護

西麻布 リストランテアルポルト オーナーシェフ
http://www.alporto.jp

1948年(昭23)9月15日生まれ。 美大を志すが受験に失敗。その時母が家政婦として勤めていた先の外交官だった方が、 イタリア総領事として赴任することが決まり「コックとして付いて来ませんか?」 と誘ってくださったのが、そもそもコックになるきっかけとなった。 「お皿の上にデザインするも同じ」と考え、一緒についていくことに決めた。 それから出発までの3ヶ月は「つきじ田村」で鍋洗いと刻みの修行。 イタリアに渡ってからも総領事付きのコックとして日々修行の毎日だった。 暇を見つけては足繁くレストランに通い、その数は数え切れないほど。 そして5年後に帰国。「小川軒」「マリーエ」を経て 1983年、西麻布に「アルポルト」が誕生。

本多哲也
本多哲也

青山 リストランテホンダ シェフ
http://ristorantehonda.jp/

1968年神奈川県出身。 東京調理師専門学校卒業後、有名店で経験を積んだ後、97年に渡仏・渡伊。 イタリアの三ツ星レストラン【アンティカ・オステリア・デル・ポンテ本店】等で修業を終え、99年に帰国。 西麻布の名店【リストランテ アルポルト(片岡護シェフ)】にて副料理長を務めた後、04年に【リストランテ ホンダ】を開店。 以後ミシュランのひとつ星を数年にわたり取得し続けている。 季節ごとの素材本来の個性である風味、香り、食感、彩を活かした料理はまさにアートである。

馬場圭太郎
馬場圭太郎(ババ ケイタロウ)

サルデーニャ料理 渋谷Tharros(タロス)オーナーシェフ
http://www.tharros.jp/

1971年生まれ。イタリア料理界で最も注目されている若手シェフの1人。 1994年に単身渡伊し、トスカーナを皮切りにサルディーニャ島などで イタリア料理を学ぶ。1999年に帰国し南青山の「ナブレ」で腕をふるい、 その後赤坂の「ラ・スコリエーラ」の初代総料理長を勤める。 そして、現在の場所で独立し、客単価7,000円にも拘らず55席が連日満席の 繁盛店となっている。

神保佳永(ジンボ ヨシナガ)
神保佳永(ジンボ ヨシナガ)

HATAKE AOYAMA シェフ
http://www.hatake-aoyama.com

2009年「Restaurant I」を立ち上げ総料理長を務め、 江戸野菜を初めてフレンチに取り入れたことで注目を集める。
2010年6月自身のHATAKE AOYAMAを独立し総料理長を務める。
2011年の大震災後も風評被害を受けた生産者を支える継続活動や復興支援などを自ら行い、料理人としてだけにとどまらず幅広い活動を積極的に行い、食のコンサルトも数多く手がけている。

大橋昌彦(オオハシ マサヒコ)
大橋昌彦(オオハシ マサヒコ)

広尾エノテカクリッカ シェフ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13059591/

1978年生まれ
1998年20歳で料理界に入る
1999年21歳で渡伊、ナポリ、フィレンツェ、ボローニャで3年半にわたり本場のイタリア料理とイタリア語を習得

小野員裕(オノ カズヒロ)
小野員裕(オノ カズヒロ)

横濱カレーミュージアムの初代名誉館長で、
カレー、ラーメン、B級グルメに関する著書も多数です。
TVにもたびたび出演されています。
http://allabout.co.jp/gm/gp/596/

小森敦史 シェフ
小森敦史

グリルKシェフ
炭火の魔力でダイナミックなハンバーグ、ステーキを提供し常に行列の絶えない人気店のオーナーシェフ
http://www.grill-k.jp/

石原せいじ
石原せいじ

蕎麦 石はら  親方
世田谷を中心にこだわり抜いた蕎麦と天性で人気を博するグローバルな親方
http://www.ishihara-soba.com/

庄田賢(ショウダ ケン)
庄田賢(ショウダ ケン)

神楽坂 割烹加賀
http://www7.ocn.ne.jp/~kin0110/kagaindex.htm

1961年、東京生まれ。 神楽坂の老舗料亭の息子として生まれ、子供の頃から一流の料理人を目指す。 「ざくろ」(しゃぶしゃぶ)、京王プラザホテル(新宿)、 「六根」(銀座、西麻布、高級おでん)などを経て「たらふく」 (銀座、西麻布)の総料理長として活躍。 現在は、実家の料亭を始め、都内和食店にて調理指導、メニュー開発に取り組んでいます。

田戸純子(タド ジュンコ)
田戸純子(タド ジュンコ)

ヒーリングフードのアドバイザー
http://ameblo.jp/saikainoniwa/

ワンネスフードアドバイザー 料理教室「睡蓮の庭 主宰。ナチュラルフードスタジオ講師。ライター。 ピースフードnet.つぶつぶゆみこに師事。NPO法人ガンの患者学研究所にて「ウェラー・ザン・ウェル学会」の立ち上げに参画。スコットランドのスピリチュアルエコビレッジ、フィンドホーンを訪れ、愛に満ちた有機農業に感銘を受ける。以来、自分を癒し、世界を癒す「手作りごはん」、オーガニックな雑穀・玄米・野菜と奏でる“ワンネスフード”を提案。出張セミナーやヒーリング教室へのランチボックス提供なども行っている。

ふなつ一樹(フナツ カズキ)
ふなつ一樹(フナツ カズキ)

漫画「黄金の食卓」「華麗なる食卓」作者
カレーのアドバイザー、及びイベント協力
http://kazuki272.web.fc2.com/index2.html

大阪府東大阪市出身。 小学生時代、「週刊少年ジャンプ」に出会い、以降愛読、漫画家を志すようになる。 高校時代2本の作品を描きあげ、同誌に投稿するが、かすりもせず、 高校卒業後、印刷(製版)会社に就職。 24歳初夏、再び奮起し「漆黒のレムネア」(短編集「黄金の食卓」収録)る作品を描きあげ、 「これでダメなら諦めよう。」と 背水の陣で「週刊ヤングジャンプ」に持込み。 これが月例賞にて準入選を受賞。 同年8月、「別冊ヤングジャンプ 漫革」にて同作品が初掲載。 漫画家デビューを果たす。 その後別冊にて読みきり作品を3本、 「週刊ヤングジャンプ」本誌にて短期集中連載 「黄金の食卓」(短編集「黄金の食卓」収録)を掲載後、 2001年春、世界初のカレーコミック 「華麗なる食卓(かれいなるしょくたく)」が連載スタート。 現在連載11年目に突入中。 その間、「秋葉原ダイナマイト」(原作:山本一席) フルカラーショートコミック「AGEHA DESTROY」 「オレとなのかのゆがんだ恋愛」など執筆 (いずれも単行本未収録)。「ミラクルジャンプ」にて「流刑島」連載中。

フィリップ・バットン
フィリップ・バットン

ル・プティ・トノー(九段下店、虎ノ門店、麻布十番店)
オーナーシェフ
http://www.petitonneau.com/jp/sas/welcome/top/

1963年1963年04月08日生まれ。フランス、パリ出身。 1979年にラ・トゥール・ドゥ・モンレリで見習いをスタート。 1981年にジョルジュ・サンクに移り、5年間務めたのち。 1986年にはフィリップ・グルー氏がオーナーシェフを務めるアンフィクレスで 一年間働く。 1987年に神戸ラ・バーグのシェフとして来日、一年間滞在。 1990年に再来日し、ロイヤルパークホテル、パラッツオのシェフを5年間務め。 1995年渋谷のレストラン エブリーヌのシェフディレクターに抜粋される。 1998年代官山にル・プティ・ブドンを開店する。 2001年九段下にル・プティ・トノーをオーナーとして開店する。 2003年虎ノ門にル・プティ・トノーの2号店をオープンさせた。 2006年麻布十番にル・プティ・トノーの3号店をオープンさせた。

このページの先頭へ